ユリ
20代後半 / イエベ春 / 敏感肌 / 1,090フォロワー
128
1

SPFはなんで50までなのか知ってますか?じゃあPAは?詳しい解説書きました またまた今回も熱く語ってしまってます。 いつも読んでくださる方ありがとうございます 今回はこんな感じで書いてます。 ◎私が使っている日焼け止め ◎SPFについて (次の投稿から) ◎PAについて ◎選び方 ◎最後に です、何となく流し見する方は下の2つを読んでいただければと思います ◎私が使っている日焼け止め 今回は体用の日焼け止めです。 まず私はたくさん塗りたいので、服に影響しにくく、伸びがよくて、大容量の日焼け止めを推してます!(理由は ◎最後に 書いてあります) ずっとアネッサ派でしたが、全然落ちないのと肌がパッキパキに乾燥するのでもう何年もアリーを使ってます。 肌のことを考えるとキュレルも良いのですが、白浮きが気になるし、伸びが悪いし、チマチマ使ってしまうのでひとまずアリー。 大容量(写真は小さいサイズですが)なので、たっぷり使っても罪悪感ないし、GELになってから伸びがいい 普段は上からビオレを塗り直したりもします。 でもやっぱりレジャーではじゃんじゃんアリーを塗りたくります! イソップのプロテクティブ ボディローションは 、日焼け止めなのにスペアミントとレモンのエッセンシャルオイル配合で、軽く香水がわりになるので、こちらも夏の普段遣いに愛用してます あとはベタつくのが嫌なときや、塗り直したくない部分に粉です。鏡もついてるし、楽チンにつけられるのに、SPF50+PA++++なので重宝してます。 ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーサンスクリーン(春夏限定) ◎SPFについて 赤くなるのに必要になった紫外線の量をMEDと言います。 SPFとは、 日焼け止めを塗った上でのMED/何も塗ってない状態のMED SPFの値が 大ければ大きいほど、 「赤なるまでに紫外線が必要」ってこと つまり、 「どのぐらいブロックする能力」があるか。 ここまでは簡単。。。 ではなぜ50までしかないの、、、? ここからは少し考えてみます SPF50は 「日焼け止めを塗った後赤くなるのに100の量の紫外線が必要、 でも何も塗ってない時は2の量で赤くなる」 →98%遮断 (UVB透過性1/50、つまり2%透過してしまう) SPF100は 「日焼け止めを塗った後赤くなるのに100の量の紫外線が必要、 でも何も塗ってない時は1の量で赤くなる」 →99%遮断 (UVB透過性1/100、つまり1%透過してしまう) 1%の差なのに、SPFの数値にするとき50も変わってしまうんです。(笑) だから、 50と100の持つイメージが違いすぎるため、消費者に誤ったイメージを与えないように50までにしている!ということらしいです こうやって考えると、 SPF30は UVB透過性1/30、つまり3.3%透過。。 だから 米国皮膚科学会(AAD)が出している「日焼け止めの選び方」には、 SPF 30で紫外線は97%遮断される。 SPFが高くても100%遮断はできないので、屋外等では2時間おきに塗り直す というように記述されてるんですよね ここまで読んでいただいた方ありがとうございます! 文字数制限があるので、PAについては次の投稿で #日焼け止め#日焼け対策#日焼けケア#日焼け止め乳液#SPF#SPF50#SPF28#SPF50+#SPF35#SPF45#SPF20PA++#SPF40#SPF40PA+++#SPF25#PA#PA++#pa+++#PA+++

使われたコスメと使用感

ALLIE
エクストラUV ジェル
-
  • のびの良さ
    悪い
    ふつう
    とても良い
  • もちの良さ
    悪い
    ふつう
    とても良い
  • つけ心地
    とてもしっとり
    どちらでもない
    とてもさっぱり
Bioré
Bioré UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス
-
  • のびの良さ
    悪い
    ふつう
    とても良い
  • もちの良さ
    悪い
    ふつう
    とても良い
  • つけ心地
    とてもしっとり
    どちらでもない
    とてもさっぱり

このユーザーの他の口コミ

ALLIEエクストラUV ジェル SPFはなんで50までなのか知ってます… by ユリさん
BioréBioré UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス SPFはなんで50までなのか知ってます… by ユリさん